2014年09月25日

薄原

すすきはらわけいるすきのなかりけり
ひとすじの

巨大な風力発電風車と銀色に輝く芒の穂。風はそのどちらをも意のままに動かす。人間の出る幕はなさそう。









posted by 和湖 at 00:00| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月02日

一筋の

ひとすじのもくどうひかるはなのかな
ひとすじの

花野と言うにはまだ早い8月下旬の湯の丸高原池の平湿原







posted by 和湖 at 00:00| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月15日

古木撫す

こぼくぶすうろにもみじのひとはあり
古木撫す


荒々しい古木の肌触りを感じていると洞(うろ)があり
その中に色づいた葉っぱを見つけたときは何か秘密めいた気持ちになったのは・・・・










posted by 和湖 at 00:00| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

茅葺に


かやぶきにけむりたなびきあきいりひ
茅葺に


囲炉裏の煙が屋根からそこはかとなくあがり
秋の日は暮れていく。



posted by 和湖 at 00:00| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

たちまちに


たちまちにくれてかぜふくはなのかな
たちまちに


長野県富士見町入笠湿原。
夏の喧騒が去り、湿原は秋色を濃くする。







posted by 和湖 at 00:00| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

野仏の


のぼとけのすそものいろこしあきのあめ
空映す


信州下諏訪宿 諏訪大社下社の脇にひっそりと佇む。



posted by 和湖 at 00:00| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月16日

旅に出づ

たびにいづつまのめがねやあきともし
旅に出づ


部屋ごとに眼鏡を置き、旅に行ってくると
そのうちの一つだけ持って出たはずが・・・


posted by 和湖 at 00:00| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月06日

両の手に

りょうのてにそそぎこぼるるぼうのつき
両の手に


万物にあまねく降り注ぐ蒼き光。
昼間と見紛うほどです。


posted by 和湖 at 00:00| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月26日

侘び寺の

わびでらのひなたひかげにまんじゅしゃげ
侘び寺の


伊那三十三番札所 
曹洞宗 水明山嶺岳寺の境内には
今を盛りと咲き誇っていた



posted by 和湖 at 00:00| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月10日

雲映す

くもうつすいけにさざなみあきたちぬ
雲映す


長野県茅野市北山奥蓼科にある池「御射鹿池(みしゃがいけ)」
東山魁夷画伯の名画「緑響く」のモデルの池である





posted by 和湖 at 00:00| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする